ホーム
>

初期臨床研修について

初期臨床研修プログラムの名称

長崎県五島中央病院卒後臨床研修プログラム

初期臨床研修プログラムの内容

研修理念

常に病人の側に立ち、病気を診ずして病人を診る全人的医療を提供できる医師として人格と能力を養うことを目指す。

研修目標

将来目指す専門分野の如何を問わず、医学及び医療の社会的ニーズを離島の医療事情の中で鑑み、日常診療の場で遭遇する疾病や病態に対して適切な対応が出来るプライマリーケアの基本的な診療能力(知識・技術・態度等)を修得する。

研修到達目標

行動目標
患者-医師関係
チーム医療
問題対応能力
安全管理
医療面接
症例呈示
診療計画
医療の社会性
経験目標
経験すべき診察性、検査、手技
経験すべき症状、病態、疾患
特定の医療現場の経験

臨床研修の特徴

・五島市唯一の総合病院、中核病院であり、集中する重症疾患、救急患者を経験できる。

・Common diseaseも豊富で、プライマリケア、総合診療を十分学ぶことができる。

・専門医の指導や高度医療機器により、本土の基幹病院に劣らず専門的医療が経験、学習できる。

・中規模病院であり、各科の間で垣根が低く、他科にも気軽に相談できる。

・上級医との距離が近いため、密な指導が受けられる。

・パラメディカルの迅速で細やかな対応、小回りが利く体制。

・高齢化先進地域であり、病病・病診連携や施設との連携の実践で、その重要性を学べる。

・離島手当の給付。

研修計画

研修期間は2年間であり、原則として1年次に内科及び救急部門、2年次に地域医療の研修を行います。最低8カ月は当院にて研修するものとします。

必修科目
内  科
最低6カ月研修します。CPCは当院の臨床病理検討会へ参加します。
救急部門
3ヶ月研修します。当院で研修する場合は、内科・外科・整形外科等でまとまった期間行うほか、2年間を通して月4回程度の宿日直において実施します。また、麻酔科医指導の下、挿管や全身麻酔の研修を行います。
地域医療
1ヶ月間、研修協力施設である奈留医療センターや富江病院などで研修します
選択必修科目

下記診療科のうち2診療科以上を選択し、それぞれ1カ月以上研修します。

外科・小児科・産婦人科・精神科・麻酔科

*麻酔科の研修は協力型臨床研修病院でおこないます。

*選択必修科目にて選択しなかった診療科の到達目標については、内科研修期間及び救急外来(宿日直)にて優先的に達成していきます。それでも達成できない分野がある場合には、協議の上選択科目研修期間に達成していきます。

選択科目

それぞれの研修医の希望により選択可能となっています。当院又は協力型臨床研修病院の選択可能な診療科から1ヶ月を1単位として選択し、研修します。

研修ローテーション例
研修ローテーション表
研修協力病院・施設
基幹型臨床研修病院
長崎県五島中央病院
協力型臨床研修病院
長崎大学病院

独立行政法人国立病院機構長崎医療センター

地方独立行政法人佐世保市総合医療センター

臨床研修協力施設
長崎県富江病院

長崎県五島中央病院附属診療所奈留医療センター

(補足)臨床研修の到達目標(行動目標・経験目標)を当院のみで達成できるプログラム内容となっております。

研修医の処遇

項目 1年次 2年次
雇用形態 非常勤(嘱託職員)
基本手当/月 431,000円 451,000円
賞与
勤務時間(原則) 8:30~17:15
休憩時間 1時間
時間外・休日勤務手当
有給休暇 10日 11日
夏季・年末年始休暇
宿日直 約4回/月
宿日直手当 7,000円 10,000円
宿 舎 約4戸
病院内個室
社会保険 全国健康保険協会
年金 厚生年金
労災・雇用保険
健康管理 健康診断(年2回)
医師賠償責任保険 病院にて加入、個人加入は任意
外部の研修活動 学会等への参加 可(旅費支給有)

研修終了後の進路

採用年度 採用者数 研修修了後の進路
平成17年度 1 長崎大学病院 消化器内科
平成18年度 1 厚生労働省
平成19年度 2 長崎大学病院 皮膚科
大隅鹿屋病院 内科
平成21年度 3 長崎大学病院 小児科
長崎大学病院 循環器内科
長崎大学病院 形成外科
平成22年度 1 聖マリアンナ医科大学病院 放射線科
平成23年度 2 長崎大学病院 精神科
大阪医療センター 救命救急センター
平成25年度 2 長崎大学病院 眼科
沖縄県立北部病院 循環器内科
平成26年度 2 東邦大学医療センター 佐倉病院 皮膚科
昭和大学附属烏山病院 精神科
平成27年度 1 長崎大学病院 呼吸器内科